交代勤務で働く介護士が工夫していること

介護士の仕事は、勤務体制によって自身の生活にも影響が及んできます。介護施設に勤めるとなると、通常は交代勤務が発生します。24時間入所者がいるわけですから、当然介護士も見守らなければいけません。交代で勤務する場合は、日勤だけでなく夜勤もあります。ほとんどの介護施設では、週に1回は夜勤をする勤務体制となっています。夜勤ができる人の中で交代で行っていくため、全体の勤務体制を考慮しながらバランスよく夜勤を実施するようにしているのです。

しかし、日勤とは正反対の夜勤があることで、生活習慣は大きく変わってしまいます。夜勤中は、仮眠を取る時間があっても、ある程度の睡眠や静養を十分に取っていなければ、勤務中や勤務後にかなり疲れが出てしまいます。そのため、多くの人は出勤前に睡眠を取ってから夜勤をする習慣を続けています。そうすることで、勤務中に集中力が欠けることもなく、疲れを溜め込まないで済むからです。しかし、夜勤が週に1回あることで、規則正しい生活が乱れてしまう人も少なくありません。生活が乱れてしまうと睡眠不足に陥り、慢性的な疲労や体調不良が続いてしまう原因になってしまいます。そうならないためにも、時間があるときはできるだけ静養し、生活を整えるところはしっかりと守ってバランスのいい日々を送るのがポイントとなります。

長年、こういう勤務体制で勤続している介護士の人は、生活習慣を整えることで仕事が楽になることを知っています。勤務中はいつも動き回り、力仕事も課せられる介護士には、普段からの健康的な生活が肉体的・精神的な負担を抑えることにつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です